メインイメージ画像

自分に合わせた保険料

支出のことを考えると、できるだけ月々の保険料は安い方がいいでしょう。普通、20代のときに保険に契約してしまう方が保険料は低く済みます。若い時の方が病気になりづらいことを考えると自然でしょう。とは言っても、年以外にも保険料を低くするすべがあります。
最初に、ネット扱いのみの保険を選択することです。店舗がないことで家賃等の諸経費が必要ないので、浮いた分保険料を低めにすることが可能なのです。

色々な生命保険を徹底比較!お得な保険はどれ?
http://hoken.kakaku.com/insurance/gla/


二個目は、ボーナスのない簡単な保険にすることです。満額金は魅力だと考えますが、その分、月々の保険料は高くなると思われます。掛け捨てタイプの保険の方が、保険料については大変有利です。

「新しく、保険に加入するのですが、積立と払い捨てタイプのどちらがいいですか」という類の質問をよく聞かれます。金銭面や各々の考え方により容易には答えられません。
仮に、皆さんがきちんと貯金が可能ならば、積立保険は必要ないだと思います。

また、積み立て保険の月々の支払額は掛け捨て保険と見比べて、貯蓄の分高くなってしまいます。その保険料が家計を圧迫することにはなってないですか。ボーナスがある時はお金がかかる時期とすべて合っているでしょうか。その保険会社は、いい加減でない信頼できる会社なのですか。
記述したような総合的な視点から自分に合っているのは積み立て保険と思うのか判定して下さい。

更新情報